低レベルな糖質制限否定記事の3つの特徴

糖質制限に着目してTwitterを見ていると、最新の記事だけでなく、半年以上も昔の記事を見かけることもある。

逆効果!炭水化物抜きダイエットこそ「太りやすい」食事だと判明

これなど、今となっては、執筆を担当したライターは、赤面しているのではないか。思い出したくない黒歴史になっているはずだ。

このような低レベルな糖質制限否定記事には、共通点がある。

 

1. 脂質(高カロリー)が肥満の原因だと信じている

人間、インスリンが大量に追加分泌されなければ、ちょっとやそっとでは太れない。つまり、体重を増やしたいなら、血糖値を上げる炭水化物(糖質)を摂取しなければいけない。

糖質の過剰摂取さえしなければ、脂質をいくら摂取したところで、体重は増えないのだ。これは糖質制限をしてみれば誰でもわかる事実だ。

ましてや、

しかし実際は、男性で41%、女性は50%以上の人が、脂質を25%以上とっています。ダイエットを気にしている女性が多いのに、意外ですよね。たしかに、スイーツは言わずもがなですし、パンもごはんに比べれば脂質が多い。お茶に比べたらカフェラテだって脂肪分たっぷり。現代の食事は戦後まもない1946年よりも、脂質が多い食事になりがちなのです。

ご飯に比べたパンの脂質、お茶に比べたラテの脂質の量などたかが知れている。

この程度の脂質摂取量では絶対に太らないと断言できる。

肉や脂質だけを食べて太るのは極めて困難 | 炭水化物は嗜好品

私はここぞとばかりに揚げ物やジューシーな肉を食べ、それどころかナッツやオリーブオイルで積極的に脂質を摂取しているが、体重は学生時代の水準を保ったままピクリとも動かない。

自宅でのデスクワークがメインで、運動量も少ない。いったいこれをどう説明するつもりなのか。

カロリーは空気中の燃焼をベースにしたエネルギー指標であり、人間の代謝をほとんど考慮していない。どんなにエネルギーのあるものを食べても、それが体に吸収され、蓄えられなければ、肥満の原因にはならない。

このような不完全極まりない “カロリー” という概念は、過去の遺物でしかない。

 

2. 炭水化物を過剰摂取するリスクに気づいていない

砂糖を過剰摂取をすれば害がある、という話を否定する人はいないだろう。

だが、なぜか穀物になると、過剰摂取しても害はないと考えるようだ。

炭水化物60%以上が理想的なカロリーバランス

などと書いているが、おかしいと思わないのだろうか。糖質制限の仕組みをまったく知らないのであればまだしも、これは糖質制限を題材にした記事だ。

砂糖も、穀物に含まれる糖質も、血糖値を上げ、インスリンの大量追加分泌を招く。

糖質とインスリンは肥満の直接的な原因だ。血糖値の乱高下は糖尿病、動脈硬化など、さまざまな病気のリスクを高める。

 

3. 自分の頭で考えられず、検証を一切しない

冒頭の記事は、管理栄養士・柴田真希『キレイに痩せたきゃ炭水化物を食べなさい』を紹介する体裁になっている。

だから責任はすべて柴田真希氏にあるとも言えるが、同業の目線からすれば執筆したライターの無責任さが目に付く。

問題は、自分の頭で考えられないことにある。書かれている内容を鵜呑みにしているからだ。

言うまでもないが、ある本に書かれているのは「正解」ではない。あくまでも著者・執筆者の見解でしかない。

もし、本を読み、自分の頭で検証しようという気があれば、『キレイに痩せたきゃ炭水化物を食べなさい』に書かれている内容が非論理的である、あるいは根拠がない、とすぐにわかるはずだ。

このような人は、「空の色は緑である」と書かれている本があったら、そのまま信じるのだろうか。

ぜひ “意外! 実は空の色は「緑」だったと判明” という記事を書いて、世の中に発表してほしいものだ。

Check Also

それは炭水化物抜きダイエットではなく、栄養失調ダイエット

糖質制限は、エネルギー摂取を控 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

*