どうしても痩せられない主婦のみなさん! 残り物を “食べて片付ける” のは止めましょう。

当サイトは、糖質制限の情報サイトですが、今回は、直接的には炭水化物に関係のない話をしたいと思います。

特に、主婦をはじめ、家族の食事を作っている方で、「どうしても痩せられない」というケースに意識してほしい、ダイエットの考え方についてです。

残り物を食べて片付けるのが、食べ過ぎの原因という、すごく単純な話で、読めば「そうなのよね……」と感じる方が、大半ではないかと思います。

 

作った料理はなるべく捨てたくない

私は男性ですが、現在、一家7人の夕飯を準備しています。

7人(のうち、大人5人)とも仕事をしていて、家事に専念できないので、もっとも時間の融通がきく、フリーランスの私が担当している、という事情があります。

もともと料理は苦にしないし、自分の好きなものを食べるには、自分で作るのが一番手っ取り早い、という考えでいる影響もあります。

 

さて、食事を準備する方であれば、わかると思いますが、せっかく作った料理は、なるべく捨てたくないですよね。

お金を直接的に出して食材を買ってきているわけですし、それなりに手間暇かけて作ってもいるわけですから。

 

中途半端に残されると、つい食べて片付けてしまう

家族が、喋るのも忘れて、夢中になって食べてくれるときはいいんです。

自分が食べる量が少し足りないかな……というケースもあるんですけど(笑)、基本的に嬉しいことであるわけです。

料理を失敗してしまったときも、まあ諦めが付きます。

この味なら、無理に食べろとは……ちょっと言えないかな、と。

 

問題は、自分ではちゃんとできた料理であるはずなのに、家族の口に合わなかったり、お腹があまり空いていなかったりして、残されてしまうケースです。

しかも、中途半端に。

大量に残っているのであれば、次の食事のおかずに回す手もあります。

が、無理をすれば食べられないこともないくらいの量だと、ついつい食べて、片付けてしまうんですよね。

 

「あともう少し」「もったいない」が判断を狂わせる

私は、糖質制限をするようになって、これから食べるものが、体にとってどう作用するのかを、意識するようになりました。

タンパク質は、体の構成と、糖新生(血糖維持)に。脂質は、エネルギー源に。

そして炭水化物は、食物繊維+血糖値を上昇させ、余剰は脂肪になります。

糖質制限の仕組み | 炭水化物は嗜好品

肉や脂質だけを食べて太るのは極めて困難 | 炭水化物は嗜好品

とくに、満腹(血糖値が上がりきった)状態で食べる炭水化物は、もうそのほとんどが、脂肪になってしまう感覚なわけです。

 

健康的な食生活の理想はやはり、腹八分目とでも言いますか、自分のお腹と相談して、適量を食べることだと思います。

たとえ糖質制限をしていても、度を超して食べ過ぎれば、やはり体重増加に繋がります。

ところが、「あとちょっとだから」だとか、「もったいないから」だとか、外的な要因が判断を狂わせ、ふと気づくと食べ過ぎてしまっているケースがあるんです。

 

残り物には絶対に手を出さない! と心に決める

私は、これを意識できるようになって、食事の残り物に手を出さなくなりました。

作りすぎてしまったことに反省しつつ廃棄するか、翌日の昼食に回しています。

おかげで、体重のコントロールが、より簡単になっています。

 

どうしても痩せられない……という、食事の準備を担当している方は、ぜひ試してみてください。

最後に、糖質制限情報サイトらしいことを書いておきますが、前段で触れた通り、特に満腹時に食べる炭水化物は、直接的に脂肪増加につながります。

炭水化物だけは、意識して避けるのがおすすめですよ。

その「あと、ちょっと」は、ほぼすべて脂肪に変わっています。

Check Also

それは炭水化物抜きダイエットではなく、栄養失調ダイエット

糖質制限は、エネルギー摂取を控 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

*